HOME > 悪いカジノと良いカジノの見分け方

悪いカジノと良いカジノの見分け方

「オンラインカジノなんてどうせインチキなんでしょう。コンピュータなんだから操作だって簡単にできるはずだし」と思う方も大勢いらっしゃると思います。
そう思うにも確かに当然です。信頼できる大手のショッピングサイトで買い物をするのと違い、まったく聞いたこともないカジノ相手にお金を預けるなんてどうかしていると感じても無理はありません。
しかし、信頼できるオンラインカジノは確実に沢山あります。一方、インチキな悪質オンラインカジノがあるのも残念ながら事実です。そこで、ここでは信頼できるかできないか、その見分け方について簡単に説明します。

オンラインカジノの善し悪しの見分け方について誤解があるようなので書いておきますが、”勝てるカジノは良いカジノ、勝てないカジノは悪いカジノ”というのは間違いです。

悪いオンラインカジノでプレーをした場合、勝ってもその勝利金を払ってもらえるかの保証はありません。悪いカジノで勝ったとしても実際のお金は手に入らないかもしれないのです。
では一体何を信用すればいいのか? ここで大切なのは、政府からオンラインカジノの運営ライセンスを許可され、オンラインカジノの運営基準にのっとって運営しているオンラインカジノであるかどうかです。

オンラインカジノの仕組みは大体このような感じです。



◆オンラインカジノ運営ライセンス

オンラインカジノは特定のオンラインカジノのライセンスを発行している国でラインセンスの許可を受け、そこで運営をしています。このライセンスは、会社の資産や代表となる人の身元調査など、厳しい審査のうえで初めて取得できます。
過去にはライセンス無許可営業のオンラインカジノがどろんしたという例が沢山ありました。
信頼できるライセンスを許可されているカジノでは、このようなことが起きないよう常に監視をしています。
ただし、特定の国が発行したライセンスを「意味なし」と考えている人もいます。確かに、ベリーズ(Belize)やコスタリカのように、1年いくらというライセンス料さえ払えば審査もなしで誰でも取得できるオンラインカジノ運営ライセンスも存在します。中南米のライセンスはそうしたものが多いので避けた方が無難でしょう。


◆ゲームソフトウェア

ライセンスの次に重要なのは、ソフトウェアです。

オンラインカジノ業界では100を超えるソフトが使われていますが、中には信頼性や公正さが疑われているソフトもあります。こういうソフトを使っているカジノは避けるべきです。
運営ライセンス取得時には、使用するソフトウェアが基準に達しているかどうか、設定を変えたり、インチキできないようになっているか、などもチェックされます。ソフトがこの基準に合わない場合は、合格するまででライセンスは降りません。
そんな厳しい審査に合格し、信頼できるとして良い評判を勝ち得ているソフトウェアには、プレイテック、エヴェレストゲーミング、マイクロゲーミングといったところがあります。
オンラインカジノサイトのトップページにはたいていの場合、ソフトの種類が記載してありますので、必ずチェックするようにしてください。

また、これらのソフトは不正な操作等ができないようにRandom Number Generator(乱数発生プログラム)を使いプロテクトされていることがほとんどです。これにより、カードやスロットの出方等が確率的、統計的にみて問題ないようにされています。上記のメジャーなソフトウェアも、このRNGを第三者の外部機関に審査・検査してもらっています。


◆外部機関の認証

前述したように第三者機関の認証や、会計会社による監査も重要なチェックポイントです。きちんと運営されているオンラインカジノでは、このように外部監査機関を使い公平性、信頼性を上げるように常に努力をしています。

公平性を証明するために、世界3大会計事務所による会計監査をいれ毎月のペイアウト率(払い戻し率)をサイトにて公開しているオンラインカジノも多くあります。こういったところはまず安心です。初めて遊ぶカジノではペイアウト率を公開しているかどうかもチェックしておきましょう。

トップページに戻る


ジパングカジノ ラッキーベイビーカジノ